日記-20181014

時間が経つことのなんと早いことか。気が付けばもう10月だ。
あんなにも暑かった夏は過ぎ去って、上着を羽織らないとYシャツ一枚じゃ朝晩寒くなってきた。
2018年の総括にはまだ気が早いけど少しだけ。

いまだに学生気分が抜けないのか、就職してからもう2年半以上たつのかーなどと考えてしまう。
もうすぐ3年といえば、中学や高校ならそろそろ卒業が見えてくる。
3年ってこんなに短かったっけ?
今年もいろいろあった気もするし、たいして何もなかったような気もする。
異動はあったがすっかり慣れてしまったし、業務はルーチンが多いからそっち方面で大きな変化があった気がしない。
プライベートも大して変わらず・・・と思ったが少しだけ知り合いが増えた。少しだけ。

なんだか年を追うごとに無気力になってる気がして危機感を感じるけど、
それすら「別によくね?」ってなりかけてるのがちょっと怖い。プライベートにあまり変化がないのは単純に努力不足だろう。
もともと変化や刺激が好きなほうではない。ぼーっと生きている。
無理する必要はないと思ってるし、これでいいのかもしれない。
お金に困ってるわけでもなし、たまに遊んだり旅行に行ったりする友達もいる。
勤め先はまぁ優良企業と言っていい。いまのところ。
あと健康。たいした怪我病気もなくやれている。
良くも悪くもぬるま湯だ。

正直あまり切羽詰まった経験もなくここまで来た。そういう世代なのかもしれないが。
おせじにも器用なほうではないが、なんとなく「普通の」人生を歩めている。歩んでしまっている。
これでいいのかしらという思いがいつも頭の片隅にある。
もっと自分の欲に自覚的になったほうがいいのかもしれない。
手の届く範囲の欲しか拾わず、少しでも難しいと思うと、まぁいいやで引っ込めてしまう嫌な癖がついてしまった。

とはいえ今年を振り返ってみて、少しでも変化を取り入れようという意識はたしかにあったと思う。
なのに対して変化を感じていないってことは、やはり踏み込みが足りなかったのか。
学生の時のように、自動的、強制的に大きな区切りがやってくることはもうない。
リーマンショックのような不況で今の会社がつぶれかけでもしない限りたぶんリストラもない。
なんとなくでこのまま5年10年過ごすことは、楽ではないが比較的容易いだろう。

ほかの人はどうやって日々の生活に変化を取り入れてるんだろう?
こうやって書きながらも考えてみると、やはり目標だとか抱負だとか、そういうのが大事なのかもしれない。
それなりに困難な目標設定と行動。成功しようが失敗しようが、少なくとも「何かあった」と思える気がする。
まだ今年は2か月半ある。それだけあれば何かできるだろう。
少し考えてみよう。

日記-20180512

午後8時すぎ。インターホンがなったので画面をのぞいたら若いにーちゃんが立っていた。
芸人でこういう顔の人おるなと思いつつ誰だか思い出せずに「どなたさまですか」と対応してしまった。
自分はこういうセールスっぽい人が来てもたいてい無視するんだけど、今日はなんとなく出てしまった。
それがいけなかった。

この辺にマンション立てるんで周辺にする人にアンケートとってますーといいつつ玄関に入ってきた彼は
すぐアンケートの内容にいくことなくよくわからん身の上話を始めた。
これは長くなるなと直感する。
早く視聴途中のGガンダムの続きをみたいのに、すみませんが帰ってくださいと拒否する勇気は俺にはなかった。
極力塩対応して帰ってくれオーラを発することに力をそそぐ。
ただセールスとはいえそんなに悪質なかんじでもなかったので、途中から訪問営業のプロの技術を体験しようという気持ちにかわっていった。

話してみると自分と同い年なんだそうで、まぁ訪問営業なんかしてるといろんな人がいるからだろう、その同い年という一点をもって
少し親近感をもったように見えた。こっちからしたら一ミリも関係ないが。
結局、正直営業としてのスキルはそれほど高くないように見えたが、話の流れからうまいこと家主の名前を聞き出したり、腕組みしてる手をほどこうと
手相の話を持ち出したあたりはなるほどなーと思った。
(今更だがこうやって上から目線で批評するのもいい気分ではない。が、こうやって書き残しでもしないと昇華できないので許してほしい)

こんな世の中だから、訪問営業なんて仕事も楽ではないだろう。赤の他人に対する警戒心はもとより、現に自分のように、明確に拒否はしなくとも終始冷たい対応をとってくるような
人もいるし、もしかしたらしょっぱなで追い返されるよりそういう人のほうが相手するには苦しいかもしれない。
セールスにたいする気持ちとは別にして、こういう仕事をこなせる人はすごいなと素直に思う。
俺はこうして思うことを書いているけれど、相手も相手で、「今日の人めっちゃ塩対応だったな、くそが。」とか思ってるはず。
くそでかまわない。めげずに頑張ってほしい。俺も頑張るよ。

2017年 劇場で観た映画のまとめ

ドクターストレンジ

★★★☆☆
マーベル系は実はあまり好きではないものの
予告映像が迫力あって興味をそそられたので、観に行った。
まずまずではあったけれど、映像以外に特に印象深い点はなかった。
マーベル系が苦手な理由はここにあって、悪くはないんだけど特に刺さる要素も見当たらないという
”毒にも薬にもならない”中途半端なかんじ。もちろん面白い作品もあるんだけどね・・・


マグニフィセントセブン

★★★★☆
面白かった。
悪者を倒すため仲間を集め、多勢に無勢を工夫と技術でひっくり返すという、
ストーリーライン的には本当によくあるものだけど、やはりベタを舐めてはいけない。
王道だからこそカタルシスも大きい。男の子のロマンが詰まった今年おすすめの一本。

傷物語Ⅲ 冷血編

★★★☆☆
傷物語三部作の完結編。
ぬるぬる動くバトルシーンは見ごたえあった。
個人的にはそこそこ満足なのだけど、2本か1本でもっと収まりよく作れなかったかなぁと
ちょっと惜しい気もする。

美女と野獣

★★★★★
今年のダークホース的一本だった。
あんまり期待しないで観に行ったら超よかったので驚いた。
なんといってもエマ・ワトソンが美しい。完璧に近い美しさ、だけじゃなくその時々の感情の揺らぎによって
大人っぽくも少女のようにも見えるという素晴らしい演技だった。この時点でもう満点でしょう。
これぞディズニーというかんじのミュージカルもとてもよかった。

ローガン

★★☆☆☆
Xメンシリーズは全く見たことないのに観に行った俺が悪い。
主人公が最後までひどい目にあいまくるという、胸糞映画。
あんまり好みではない。

ザ・マミー

★★☆☆☆
トム・クルーズ作品にハズレなし!の法則*1を信じて観に行ったが・・・あれれ?
一部いいなと思うところもあったけれど、全体的になんだかまとまりがなくて、どういう映画なのか観終わってもいまいちピンとこない。
続編あるっぽい雰囲気で終わってるけど多分見ない。

ライフ

★★★★☆
「エイリアン」的な宇宙パニックモノ
人類が発見した初の地球外知的生命体。はじめは小さくかわいげのあるそれが、徐々に本性を現していく。
小さな判断ミスがさらに大きなミスを呼び、気が付けば取り返しのつかない事態になっている。
どの時点なら被害を最小限で抑えられたのか?決定的な判断ミスはどこで起きたのか?とか考えながら見返すと面白いかも。
ラストの展開は好みが分かれそう。ありそうで意外とない結末な気がする。
かなり好き。

ダンケルク

★★★★☆
クリストファー・ノーランの最新作。
三つくらいの視点から、しかも時間をずらして描いているのに観ていて混乱しないのが何気にすごい。
実話をもとにしてるだけあってリアリティ十分。尺が意外と短めだったのもよかった。(インターステラーは途中で寝てしまったし)

Fate/stay night(Heavens Feel)

★★★★☆
今まで絵柄が好みじゃなくて何となく避けていたFate
なぜもっと早く見なかったのか悔やまれるくらいはまってしまった。
Fateは間違いなく今年の収穫の一つで、今後少なくとも数年に渡って楽しめるコンテンツが増えたのがとてもうれしい。
この作品ほんとによくできてるなと思う。設定だけでいくらでも続編や外伝的な話を量産できる。
すでにかなり息の長い作品なので、これまで世に出てきたコンテンツだけでもかなりの埋蔵量がある。
生きる目的が増えるのはよきことだ。


バリー・シール

★★★★☆
トム・クルーズ作品に(以下略
こっちは当たりの方。普通に良作というかんじ。


ザ・サークル

ザ・サークル [Blu-ray]

ザ・サークル [Blu-ray]

★★★★☆
エマ・ワトソン作品にハズレなし!の法則ができつつある。*2
これ以上ないくらいのディストピアが描かれててぞっとした。新しいタイプのホラーだ。
さすがにこの映画は極端だけど、似たような世界はすでにどこかには存在しているんでしょう。関わりたくない。

クボ

★★★☆☆
映像はきれいだったし、面白かったのだけどいまいち乗り切れないのはなぜなのか。
もう一度見ようって気があまり起きない。


GODZILLA 怪獣惑星

★★★☆☆
加点方式で見ればなかなか面白い。
主人公に全然感情移入できないのはどうかと思うけど、何はともあれゴジラの絶望感だ。

オリエント急行の殺人

★★★☆☆
こういうのを”ウェルメイド”というのだろうか?
雰囲気作りはとてもうまいと思った。デイジー・リドリーはきれいだった。
今のところスターウォーズの勇ましい演技しか印象にないから。

スターウォーズー最後のジェダイ

スター・ウォーズ/最後のジェダイ  オリジナル・サウンドトラック

スター・ウォーズ/最後のジェダイ オリジナル・サウンドトラック

★★★★★
スターウォーズという世界規模のお祭り・・・このビッグウェーブ乗るしかない。
ほとんど情報入れずに観に行って、大満足で映画館を出た。後で評判を見て賛否両論分かれているの知ってちょっと驚く。

否定的な意見を聞くとなるほどと思う点もたしかに多い。
たぶん俺は加点方式で映画を見るタイプなのだろう。胸躍る展開とかっこいい戦闘機アクロバットが見れればそれでもう満点つけちゃう。
フォースの新しい解釈や、あまりスターウォーズではみなかったユーモアも取り入れてて面白かった。
スターウォーズ”という作品そのものに思い入れのある人はたぶんこうはいかないんだろう。適度に距離感のある自分みたいなタイプなら十分楽しめる映画だと思う。
ちょっと残念なのは、ジェダイ最盛期並みのライトセーバー戦は今回も見られなかったこと。
あとは本作で繰り返しいわれてる、今までの伝統を捨てろ的なセリフだけど、フォースの覚醒ですでにそういうメッセージは語られてたように思えるので、
同じこと何度も言うなよとは感じた。前作で彼を死なせた時点でもうそういうことでしょう?


以上、今年劇場鑑賞した15本。
もうちょっと観に行ってた気がしたけどまぁこんなものかな?来年はもっと増える気がする。

*1:個人的な経験則

*2:あくまで経験則

<